ブライダルの求人に有効な資格

近年ブライダル業界の伸び率は高く、売り上げ利益も好調ですが、やや人手不足な所があるので常に求人も多い業界です。
その中でも女性に人気の職種はウェディングプランナー(ブライダルコーディネーター)で、募集も多くあります。
ウェディングプランナーとは、結婚の決まったカップルと一緒に結婚式や披露宴、ウェディングパーティまでトータルで作りあげる仕事で、企画や運営に関して様々なアドバイスやサポートをし、式場の場所にはじまり、予算、ドレス決め、招待状のデザイン、引き出物を決める事などたくさん打ち合わせをし、式のプランニングを行っていきます。

更に、式の当日は新郎新婦やご両親への挨拶、最終事項の確認など、式が円滑に行われるのを見届け、人生最高の瞬間に立ち会える仕事です。

ウェディングプランナーになるための資格は特になく、未経験でも求人に募集できますが、ウェディング関係のスクールや通信教育で勉強してから、結婚式場やホテル、レストランのウェディング部門、ウェディングプロデュース会社に就職する人などが増えています。

国家試験はないので、もし資格が取れるなら全米ブライダルコンサルト協会(ABC協会)認定のプランナー検定1級・2級や、社団法人日本ブライダル事業振興会(BIA)の初級向けIBC検定、スクール卒業またBIA企業で働いている中級ABC(アシスタント・ブライダル・コーディネーター)、日本能力開発推進協会(JADP)の通信教育で学び受けられるウェディングプランナー資格などを取得すれば、求人に有利になるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ