調剤薬局の求人は、医療分業が推進されているため薬剤師や事務の仕事があります

調剤薬局の求人は、主に医者から処方された薬をお客様に出す薬剤師の仕事や、受付や会計などの仕事をする調剤事務があります。
薬剤師は専門の大学で薬学を6年学び、卒業後、薬剤師国家試験に合格しなければ資格がもらえません。
薬剤師の合格率は2014年ですと60.84パーセントと低く、薬科大学は学費が高いので行きたくても行けないという人も多く、薬剤師の免許を持っている人はあまり多くはありません。

しかしとても需要が多く、求人が沢山あります。
調剤事務の仕事は経験や資格が無くても採用される事がありますが、やはり資格を持ってる方が有利でしょう。

国が医療分業の推進をしているので、調剤薬局の処方箋受付回数はこのところ増加傾向にあり求人も増えています。
そして、調剤薬局事務の資格なら通信講座で学び技能認定の資格が受験できるので、女性に人気の資格となっています。

家事や育児の合間に勉強でき、フルタイムやパートタイムでの勤務時間を選べる事が多いのも人気の理由で、試験が1月、3月、5月、7月、9月、11月と年6回もあるので受験がしやすい面もあります。

通信講座ではDVDが付いていたり、添削して返信を貰え、初心者にもわかり易いテキストで読めば理解できると好評です。
更に、わからないところが質問できるサービスなど添削指導のサポート体制がしっかりしているので安心できます。

薬剤師を目指している方はもちろんですが、調剤薬局の事務の求人も多いですのでまずは資格に挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ