パン屋さんの求人情況について

どこの町にもおいしいパン屋さんがあり、大きなスーパーなどでも店舗内で焼いている焼き立てベーカリーには、いつもお客さんが入っています。
おいしいパンを焼きたい、働いてみたいと考える人は多いのではないでしょうか。
ベーカリーの募集状況はバイトやパートが多く、正社員となると大手企業の方が多い傾向が見られます。
仕事内容としては、朝早くから焼き始め、焼き方が終わっても次の日の仕込みや準備などがある為、早番や遅番という労働時間となるケースが多いです。

また、バイトやパートで働くよりも、独立して自分の店を持つ方が成功する確率は増えます。

おいしいということが大前提ですが、タイムセールや焼きたて情報、種類の豊富さなど、創意工夫によって行列のできるお店にすることも可能なので、経営手腕が問われるやりがいのある仕事と言えるでしょう。

大手ベーカリーのチェーン店となることも一つの方法ですし、また、国家試験としてパン製造技能士の資格を持っていればホテルや大手企業などで働くことができ、自分の腕を磨くことができます。

もちろん、自分で店を経営する時には資格がなくても大丈夫ですが、腕前がどのくらいか、初めて入るお客さんの目安や店の品格を上げるには有効です。

2級は2年間の実務経験があれば受験できますが、専門学校に通うことで取得できるため資格を取る早道となります。

1級は2級取得後2年間の実務経験か7年間の実務経験、特級は1級合格後5年以上の実務経験が必要となりますが、取得すれば求人応募の幅が広がります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:求人

このページの先頭へ