高校生が塾を選ぶときは目的をはっきりと持ちましょう。

中学生までは自力で勉強していたものの、高校生になってから塾通いを検討する人は多いことでしょう。
高校の授業は中学校に比べて格段に難しくなりますし、大学受験という人生最大の受験が最終地点に待ち構えているのですから。
一口に塾といっても様々なタイプが存在します。

個別指導か集団指導かなどの指導方法、料金体系についてももちろん検討が必要ですが、まず通う目的をはっきりさせて比較検討することが大切です。

授業の補習をしてほしいのか、あるいは大学受験に向けての本格的な指導を望んでいるのか、大学受験を目的にしているが今は実力不足なので短期間で基礎を身に着けたいのか、それぞれ目標によって選ぶべき場所は異なります。

中学生までなら、基礎と発展部分の境界は難関校の受験を目指す場合以外ではそれほど明確ではありません。
教科書に出ていない記述を公立校の受験で出題すると問題になるほどです。

しかし、大学受験では教科書以上の内容が受験生側に求められることがあります。
よって、大学受験に特化しているような塾では、教科書を逸脱した発展的内容やテクニカルな受験技術を率先して教えるケースも見られます。

それは毎日の授業についていける生徒、基礎が出来ている生徒にとってはためになるものですが、学校の授業がいまいち理解できないという生徒にとっては逆に混乱と誤解を生むものになりがちです。
基礎ができていないと思った場合は、無理をせず基礎を教えてくれるところを選ぶことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ