中学生の塾の費用を上手に節約する方法とは

現在では中学生の多くは学習塾に通っていますが、保護者にとってはその費用が大きな負担になっています。
そこでその金額を少しでも節約するための方法を見つけるのが、大きな課題になっているのです。

特に費用を考える場合には、毎月の月謝だけではなくて教材費やテスト代金、更には夏期講習などの季節ごとの講習で必要になる金額も含める必要があるでしょう。

そこでこのような金額を合計すると、年間で30万円以上になるケースも多っく、そこでお金のかからない教室を選ぶためには、年間でかかる金額の総額で比較するのがポイントになってきます。

時期によっては入学金が無料のキャンペーンもあるので、そのようなチャンスを活かすのも大切で、また兄弟や姉妹で同じ教室に通う場合には、割引制度が適用されるので、そのような制度を利用するのも賢い方法です。

更に中学生の場合には、英数国の3科目のコースや理科と社会を含めた5科目コースを設置している場合も多いので、中学校1年生や2年生の間は3科目コースを選び、3年生になってから5科目コースを選ぶことでも、かなりの節約になりますが、裏ワザ的な節約方法としては、個別指導を活用する方法もあるのです。

個別指導と言うと高いと言うイメージがありますが、週1回から通えるために、必要な科目の指導だけを選ぶことで、大きな節約になり、その場合には、テストの直前だけ授業回数を増やすのがお勧めな方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ