関塾の中学生のコースは有名私立または有名国立、公立トップ校への合格を目指す生徒が中心の少人数制のクラス編成です

関塾の進学教室は、少人数制のクラス編成です。
入塾したら「関塾図書」を教材に使い、「パターン授業法」に沿って授業を進めていきます。
パターン授業法というのは、生徒の学力向上に高い実績のある教師の授業内容を分析して体系化させたものです。
中学生のコースでは、有名私立または有名国立の中学校や高校受験を目指す生徒、公立トップ校への合格を目指す生徒が中心になります。

「Dr.関塾」と呼ばれる指導システムは完全個別指導制で、「クオリティコース」、「スタンダードコース」、「ベーシックコース」があります。
クオリティコースは教師1人に生徒が1人、マンツーマンで学習します。

気の合う先生なら楽しいかもしれません。
スタンダードコースは、教師1人に対して生徒2人のバランスです。

この体制を取る塾をよく見かけますが、子供のライバル心を刺激するようなものなので、負けず嫌いな性質の子供だと良い作用があるかもしれません。

ベーシックコースは、教師1人に対して生徒が3人です。
先生と2人だけだと緊張してしまうという性格の人には、このぐらいの人数の方が良く、競争意識もほどよく生成されていきます。

月に1回、全塾生を対象にした「共通テスト」が実施され、共通テストにより1ヶ月に学んだ内容の理解度と定着度を確認しますので、確実に学力アップにつながるでしょう。

また、この結果を元に地域での学力レベルを比較することができます。
志望校合格を目指して、このようにしっかりとしたシステムで学習を進めます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ