個別指導のドクター関塾は1対2がお勧めです

子供の減少や、集団塾では成績が伸びないと言う理由から個別指導塾が急激に増えています。
その1つにドクター関塾があります。
個別指導と言っても先生1対生徒1人の完全個別指導から、先生1対生徒3人の少人数性指導が選べ、いずれも1コマは90分。

生徒が複数の場合は、誰かが問題を解いている間に別の生徒を個別に指導するという形式で授業は進んでいきます。
同じ学年でも、生徒によって理解度や進度が違うため、一緒に学ぶ生徒たちの学年もばらばらです。

月謝で一番お得なのは1対3の授業ですが、お勧めは1対2です。
1対3の場合、一人当たり30分程度の指導を受けることになりますが、一緒に学ぶ生徒の状態により、なかなか自分に指導の時間が回ってこなかったり、短くなってしまうことがあるからです。

そのような時は、次回の授業で調整して生徒同士の不公平感がないようにしますが、1回1回の授業で見ると、思うように進まないことがあります。

1対2は一方の生徒が演習問題を解いている間、指導が受けられるので、ゆとりが生まれます。
実は講師にとっても1対3はあわただしく、伝えたいことをすべて教えるには経験が必要です。

1対2の場合は一人一人に目が行き届き、生徒の理解度を確認しながら指導できます。
個別指導は集団塾のようにカリキュラムがないため、塾、講師、保護者との間でどのような指導をしていくのか十分に話し合い、毎回しっかり予習してくる講師をつけてくれるよう伝えておくと良いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ