未来を創る人間育成の適塾とは

まず適塾とは、群馬が拠点の学習塾のことです。
この塾は、開校以来一貫して「社会に貢献できる人材の育成を目指す」ということを存在理由としています。
決して、俗に言う良い高校、有名な大学に入ることを目的としているわけではありません。
例えば、将来の夢の実現には膨大なエネルギーが必要です。

そのエネルギーを蓄えるためには、自分自身の学力や能力の位置をなるべく高い位置に置いた方が、将来的に高いところから低いところまでという移動可能な距離が増える、つまり幅の広い人間になれるということなのです。

江戸時代末期、大阪・船場に蘭学者・医者として有名である緒方洪庵が開いた塾がありました。
そこには厚き志を持った多くの若者たちが集い、明日の日本を、世界を見据え談論風発を繰り広げたと言われています。

その塾こそ緒方洪庵の開いた「適塾」でした。
正式には適々斎塾といい、適々塾とも称されます。
この名前は、緒方洪庵の号である「適々斎」が由来となっています。

そこからは、幕末から明治維新にかけて活躍した、慶應義塾の創立者である福沢諭吉、橋本左内、日本近代陸軍を創設した大村益次郎、日本赤十字社初代総裁である佐野常民ら、我が国を創った多くの逸材を輩出しました。

また現在の大阪大学の源流の一つともなっています。
知識だけでなく人間力をグローバルに育てた塾でした。
その志に感銘を受け、未来を創る人間づくりへの思いをこの「適塾」の名にこめたのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ