学習塾開業に向けた手順について

学習塾講師の経験者が、独立開業するケースはとても多いです。
しかし、独立開業を成功させるためには綿密な計画を立てることが重要であり、その中には、新規開校に向けた資金調達や、開校するための賃貸オフィスなどの物件の確保、教室内設備や教材の購入、生徒募集のための広告宣伝などを効率的に行う必要があります。

特に資金調達は重要で、自己資金や公的融資なども含めて開業に必要な資金と、当面必要な運転資金を確保することが最大の課題になります。
次に問題となるのが物件の確保で、対象とする小中学生が通いやすいエリアの中で、手ごろな家賃の賃貸オフィスを探すことが大事なポイントです。

また、コストを削減するためにも、物件の賃貸契約を結ぶ前に保証金や家賃の値下げ交渉を行って、出来るだけ有利な条件で借りることもポイントになります。

そして、物件を確保した後には、教室内の設備の購入も必要です。
その中には、黒板や生徒用の机や椅子、更に、コピー機やファクス付きの電話機なども挙げられます。

学習塾用の教材を調達するためには、専門の教材の取次店と契約を結んで購入する必要もあります。
なお、このような取次店では模擬テストの調達も可能なので、必要に応じて手配することができます。

生徒募集では、広告宣伝活動が重要で、特に新年度が始まる時期には、新聞折り込み広告やポスティングを活用しながら宣伝を活発に行うようにしましょう。

チラシの作成では、広告代理店を活用することも大切なポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ