学習塾湘南ゼミナールの公立中高一貫校講座で実践的な力をつける

近年、神奈川県内でも公立中高一貫校が設立し始め、私立の学校よりも授業料が安くて経済的なことや、また、次世代のリーダーを排出するための6年間の学習カリキュラムの魅力が人気を集め、受験をする子どもたちの増加を受けて、公立中高一貫校受験の専門講座を設置する学習塾が増えてきています。

私立中学受験の受験校によっては、試験日程が複数用意されているため、場合によっては同じ学校を複数回受験することができます。
しかし、公立中高一貫校の適性検査日は1日だけなので、合格して入学するには私立中学校より狭き門です。

そして、この検査の内容も、小学校で学ぶ基礎的なことから、応用的なことまで幅広く知識を問われ、膨大な計算量や文章問題の意味を読み取って倫理的に思考するものから、さらには日常的な生活を絡めて自分の意見をまとめ、記述をする形式のものも数多くみられることが特徴となっています。

毎日の積み重ねが大事とはいえ、家庭学習のみで適性検査日を迎え合格するには、よほどのことがない限り難しく、険しい道のりと言えるでしょう。

学習塾の湘南ゼミナールでは、小学生、中学生、高校生の受験指導を行っています。
さらに集団授業から個別指導までと幅広くコースがあり、子どもたち一人ひとりの成長とサポートに力を入れています。

そして、小学4年生から公立中高一貫校を目指す子どもたちのための講座も設置されているので、子どもの性格や様子を見ながら、教室の見学や体験授業を受けて、集団での学習にするか個別指導での学習にするかを見極めましょう。

また、湘南ゼミナールに通っていなくても、模擬試験のみを受けることができるので、定期的に模試を受けて学力を試すこともできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ