秋田県ならではの学力向上と塾の効果

小中学生の全国学力テストでは、2013年現在秋田県がここ数年連続でトップです。
秋田では独自の教育方針がいくつか取り組まれており、まずは少人数での学習を推進しています。
特に小学1年生や中学1年生の環境が変わったばかりの子どもは、学校や学習の雰囲気、環境に慣れることが大切です。

それを考慮して、通常より人数の少ないクラスで学習ができるようにしています。
それにより、安定した学校生活が送れるような環境が作れるのです。

また、ふるさと教育も推進されていて、土地、文化、産業、人間と触れ合い、郷土の自然を大切にします。
そして、学校や家庭だけでなく、土地や地域とのつながりも学びます。

一般的に、学校のほかに学力を向上させるためには、学習塾に通うことが挙げられるでしょう。
学習塾では、学力別にクラスが分かれていたり、クラス人数も少数だったり、個人指導もあります。

目的に応じて学校の勉強を補ったり、受験対策の授業を受けることができますので、効率よく自分に合ったペースで進めることが可能です。
ただし、それには別途費用や時間がかかりますし、その費用や学習時間もさまざまとなっています。

ところが、全国トップの秋田県では通塾率が低いのです。
では、学校以外の学習への影響はどこにあるのかと疑問に思うでしょうが、その1つは、家庭環境が挙げられます。

早寝早起きや、朝食をきちんととる、家に帰ったら家族と学校での出来事を話すなど、基本的な生活習慣が整っている家庭が多いのです。
子どもがのびのびとできる生活環境が整ってこそ、学校での学習も捗るのではないでしょうか。

また、厳しい寒さに耐え忍ぶ忍耐強さによるその土地ならではの効果があるのではないかという見解もあります。
地域に限定することなく、子どもの健やかな成長と学力向上には、基盤となる生活習慣や家庭環境を整えてあげることが大切なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ