塾における集団指導と個別指導の違いと特徴

塾と聞くとまず思い浮かぶ光景が、先生が一人壇上に立ち、数十名の生徒が先生の指導を受ける光景だと思います。
それが集団指導です。
集団指導の場合、多くはプロの教師が指導をするのでハイレベルな授業が受けられます。
また、受験に関する情報量もかなり豊富で、最速で情報を入手できます。

しかし、教師1人に対して生徒の数が多いので、教師の目が行き届かないという場合もあります。
消極的な生徒の場合、なかなか先生に話しかけることのできない問題が起こることもあるでしょう。

年間を通したカリキュラムが組まれているので、学習習慣が定着しやすいのが集団指導のメリットと言えます。

しかし、集団指導の場合は、それぞれの教室にレベルと雰囲気があるので、体験授業に参加して雰囲気をつかむようにすると良いでしょう。
そして、集団指導と違うのが、完全1対1の指導形態をとる個別指導です。

完全1対1の授業もしくは教師1人対生徒2、3人など、1人の教師が少人数の生徒を教えるというのがこの指導の特徴で、生徒の学習の進み具合や、部活動などの時間的都合に合わせて授業時間を選択できます。

少人数であるために、消極的な生徒がわからない箇所を質問しやすい、教師の目が行き届きやすいというのも大きな特徴です。
このように、集団と個別の指導は、特徴が大きく異なります。

子どもの将来にとっても非常に大切な選択となるので、資料請求や口コミ、電話での問い合わせで理解を深めた上で選ぶことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ