中学に入ったら、成績が落ちる前に塾に通うのがおすすめ

小学生の間は、お家で宿題だけしていたお子さんも、中学に入ると、予習復習などの家庭学習をしないと授業についていけなくなります。
しかし、家庭学習というものは中々習慣づきません。
習慣づけるには、親御さんの地道な声かけや、なぜ勉強が必要なのかということをお子さんに理解させる必要があります。
しかし、反抗期に入ったこの時期の子どもというのは、親に必要以上の反抗をしたり、全く無視したりと、会話すら出来ないこともあります。

それでも、親としては放っておくわけにもいかず、毎日「勉強しなさい!」と繰り返し、ますますお子さんのやる気を削いでしまうという悪循環に陥りやすいのです。

家庭学習をしないお子さんは、みるみるうちに成績が落ちていき、親の焦りはピークに達します。
そうなって初めて、塾を探す親御さんもいらっしゃると思います。

ところが成績が落ちているということは、その期間の勉強が出来ていないということになり、特に積み重ねの必要な数学や英語になると取り返すのが大変です。

そこで、成績が落ち始める前に塾に通うことをお勧めします。

費用面では、月謝だけ見ればそんなに負担にならないように見えますが、教材費にはじまり、春夏冬の講習、模試の代金、受験前になるとまた別の講習や合宿など、中学を卒業するころまでには少なくとも100万円から200万円は覚悟した方が良さそうです。

また、成績に応じてクラス分けしているところを選ぶのが良いでしょう。
一人ひとりの習熟度にあった授業を受けることが出来ますし、高いレベルのクラスに行きたいという学校とは違う目標を持つこともできます。

ひょっとして、学校より面白い授業をしてくれるかもしれません。
その他に、学校の授業以外で勉強する習慣が自然と出来ますし、違う学校のお友達も出来て世界が広がります。

学力は、将来必ずお子さん自身を助けてくれるものです。
塾という強い味方をつけて中学校生活を充実したものにし、高校受験に向けて準備を整えておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ