中学受験に強い大手塾の比較

中学受験を考える小学生には、塾通いは必須と言っても過言ではないでしょう。
しかし何処へ通っても同じというものでは無く、それぞれに教え方や特色、カリキュラムなどが違います。
首都圏で有名な4つの代表校を紹介しますと、まずSAPIXは、難関校への合格実績が最も高い事で有名です。

偏差値の高い学校への入学希望者の生徒が多く、ハイレベルなテキストで授業が進められますので、問題処理能力の高さが求められます。

次に日能研は、中堅クラスの学校への入学を目指す生徒が多く集まり、成績の上下には関係ない受け入れ態勢が出来ている中学受験専門の塾です。

宿題の量は少なく、同じ問題を繰り返し解いてじっくり考える学習方法が多く採用されており、真面目にコツコツ頑張る努力家型の子は大きく伸びる傾向にあります。

四谷大塚は、自社制作のテキストである予習シリーズは完成度の高さで有名で、幅広いレベルの生徒が集まります。
近年になり大幅なカリキュラム変更があり、難易度と進行速度が大きく上がった事も広く知られています。

最後に早稲田アカデミーは、他の塾に比べて宿題の量が多く、先生からの提出物チェックの厳しさでも有名ですが、低学年のうちから通う子は学習リズムが整いやすく、難なく行える事が多いです。

大人の管理が無くても、宿題に追われずに自分で計画して学習出来る子には適しているでしょう。
大きく異なる4つのタイプを紹介しましたが、資料請求や教室見学などをして、比較検討される事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ