集団と個別形式に分かれる高校生向けの塾

高校生を対象とした塾は、主に大学進学を目的とした進学塾・予備校が多く、授業形式としては集団形式と個別指導に分けられます。
集団形式のメリットは、決められたカリキュラムに沿って生徒が同時に授業を受ける事から、周囲の生徒の成績を意識し競争心が育つので、学習意欲の向上が期待出来る点です。
一方個別指導では、個々の生徒に合わせたカリキュラムを組めるので、苦手な部分をピンポイントで学べ、講師との相性が悪かった場合には新たに選ぶ事が出来ます。

料金的には一般的に集団形式の方が安価である事が多く、個別指導を希望する場合は、予算に余裕があれば家庭教師の活用を検討してみるのも良いでしょう。

それぞれの代表的な塾を紹介しますと、集団形式では、CMでも有名できめ細やかなクラス分けで効率的な学習を実現する四谷学院や、東大出身の精鋭講師を中心とした指導が受けられる英進館などがあります。

個別指導としては全国2,000教室を持つ日本最大規模である明光義塾や、スーパー家庭教師が個別指導を教室で行うKATEKYO学院が有名です。
さらに、最近では集団形式と個別形式を併用して行う教室も増えてきているので、2つで迷った場合には検討に加えてみてもいいかもしれません。

こうした高校生を対象にした塾に関する情報は、それぞれの企業の公式サイトはもちろん、口コミなども掲載されている比較サイトでも得られます。

周りの評判などから判断出来ない場合には、インターネットを活用しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ