医学部専門の進学塾の特徴について

医師となる夢を叶えるためには大学の医学部への進学が必要となりますが、そうした大学の中でも学費の負担を抑える事が出来る国公立の大学は人気があり、難関である事が良く知られています。
そうした医学部に進学を希望する生徒を専門に受け入れる塾が全国にあるのでご紹介しましょう。
東証一部上場のリソー教育グループのメディックTOMASは、東京・市ヶ谷に校舎があり、個別指導によって生徒一人ひとりの志望校の合格ラインから逆算したカリキュラムでの指導が受けられるのが特徴です。

講師陣は全てプロ講師で、実績豊富な精鋭講師からのマンツーマン指導が受けられる他、担任とプロ講師、現役の難関医学部生によるティーチングアシスタントが三位一体でサポートを行っています。

大阪市の谷町・上本町と和歌山市・和歌山駅前に教室を持つナカサカ医進ゼミナールは、生徒数を各教室で10人程度と限定する事で長時間のマンツーマン指導を行うのが特徴で、筆記だけでなく面接や願書の指導まできめ細やかなサポートが受けられます。

また、塾で長時間勉強を行って家では休むという考えを持っており、個人用に勉強道具を置くスペースが確保されているなど教室の設備にも工夫がされています。

これら医学部受験に特化した専門の塾には、それぞれ公式ホームページが用意されています。

紹介した以外の特徴や詳細を知りたい人は、アクセスするとともに各塾へ直接問い合わせを行ってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ