学習塾の起業には2つの方法があり、フランチャイズ契約と個人経営です

学習塾経営の商品は授業であり、在庫を抱える必要がなく、複数の生徒に提供できるため利益率が高く新規参入もしやすい業種です。
経営によって得た売り上げのうち、教室を維持する固定費や広告宣伝費、講師の給与、教材費などの支払いなどを引いた金額が利益となります。
この費用は経営するスタイルによって大きく異なり、広告宣伝費もどの媒体を使うかによって変わってきます。

いざ学習塾を起業しようとした時に、全く経験の無い人にとっては、フランチャイズに加盟して開業する方法が無難です。
フランチャイズに加盟しての開業費用は会社により異なりますが、加盟金・保証金・研修費・教材費など総額250万円~950万円程度で開業できます。

最新の情報を得る為にも、気になるフランチャイズ会社の資料を取り寄せることで具体的な金額の目安がつきます。

フランチャイズ契約を行うことでテレビCMが流れたり、取引先探しをせず仕入れができたりとメリットがある一方、毎月のロイヤリティー(売上に対する契約%)の支払いが発生します。

一方、個人で開業するのにはまず必要なのは場所ですが、契約金・保証金・賃料・仲介手数料が必要で、看板代・机・イス・黒板・エアコン・電話・パソコン・コピー機など、全部含めて200~300万くらいの経費になります。

しかし、一度開業すれば維持費と教材費程度しか資金は必要がなくなります。

生徒数が増えれば売り上げも増えますが、地域に根ざして地道にやるか、フランチャイズに加盟して看板やCMで販促活動をするか、塾を起業するにも色々な方法があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ