フランチャイズの活用で塾を開業する人が増加する理由

小さいスペースと少ない資金でも起業出来る塾への注目度は高く、特にフランチャイズを活用して開業する事で、ゼロからのスタートでは得られない独立成功のノウハウや物件契約、有利な知名度による収益性は抜群であり、競争率の高い地域でも勝ち組になるチャンスは多くあります。
空き地への建設や長年空き店舗だった物件への参入などで、更なるコストダウンも可能であると同時に、地域活性化へも繋がります。

急成長する個別指導型は集団指導よりも月謝が高めですが、きめ細やかな指導や個人に合わせた学習プランで進めるスタイルは、今後も需要が高まり定番化が期待できます。

月謝が高い分だけ収益性が期待できる上、学校近くへの立地条件をクリア出来れば、通塾への利便性から多くの生徒が集まる事が期待出来ます。

学校帰りや部活帰りに通えるので両立への不安も解消しますし、生徒からの口コミ効果も更に加わりますので、周辺ライバル塾との差をつけることが出来ます。

少子化の影響で子供の人数は減少していますが、1人当たりへの教育費への投資額は増加していると言われており、低年齢化も進んでいますので、習い事感覚で塾が選択される傾向にあります。

生徒への指導は社員やアルバイトの講師が行うので、教員免許や講師の資格が無くても開業出来、経営陣として講師や生徒の事を考えるオーナー業に集中出来ます。

多くの塾でフランチャイズでの起業に関する説明会を実施していますので、自ら実際に足を運んで、数社比較される事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ