小学校受験にかかせない塾選びは慎重に

近年、首都圏や関西圏では、国公立、私立を問わず小学校入学時に受験をする家庭が増加しています。
満6歳児ならば誰でも受験資格があり、受験する理由としては、中学や高校までの一貫校や大学までのエスカレーター式の学校であれば、この小学校受験に合格すれば後々受験の厳しさを味合わなくても良いからという点が挙げられています。

また、両親どちらかの母校である事や、地域の小学校へ通学させる事への不安、質の高い教育を受けさせたいなど様々です。
小学校受験を目指す場合の多くは幼稚園年中から塾に通うと良いとされており、実際その様にしている家庭も多くあります。

筆記試験に対応した机に向かって学習する塾はもちろん、協調性や社会性、運動面や、指示された事が適切に出来るかをみる観察テストもある事から、幼稚園の他に幼児教室に通う子供もいます。

どちらの場合も、選ぶ際には志望している小学校受験に適している塾であるかが重要視されています。

通学を決める前に、その塾が志望している小学校に毎年どの位の人数の合格者が出ているのか、目指す学校の入試に合った指導をしているかとても重要で、自宅から近いという理由での選択はやめましょう。

インターネットの口コミで塾の評判を調べたり、先輩保護者に評判を聞くのも良い情報です。

毎月の月謝の他に、長期休み中や入試前の特別講座としての代金が発生する事もあるのでその点も踏まえて、子供が目指す学校に合格出来る様よく考えて選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ