和歌山市の塾の紹介をします

和歌山県の県庁所在地である和歌山市は県最大の都市であり、江戸時代には徳川御三家の1つ紀州徳川家の城下町として栄え、古くは若山とも表されました。
県では人口減少や若者が地元を離れるという問題を抱え、それを防ぐ為に行政がIT化を推し進めています。
特に和歌山市では市内52の小学校全てで「授業のIT化」が進められており、1人に1台タブレット端末を与える授業を行っています。

また、有名私立中高一貫校や大学の付属中学校が置かれるなど教育に熱心な地域で、塾も多くあります。
例えば第一ゼミナールでは市内に3教室展開しており、その特徴は独自の意欲喚起指導を取り入れている点が挙げられます。

具体的には、セルフコーチングシステムで学習面、生活面から、どんな自分になりたいかなどを考え、自他肯定感を生むように指導しています。

能開センターでは市内に4教室を展開しており、その指導法として学習に対する姿勢づくりをポイントに挙げていて、挨拶や出会いを大切にする事で生活環境を整え、学習を下支えしています。

学習システムでは様々なテストを行い、習熟の度合いをきめ細かく確認し、春・夏・冬は講習会を実施して、弱点克服や発達問題に取り組むなど確実なレベルアップにつながるよう配慮しています。

個別教室のトライ和歌山駅前校では、完全マンツーマン授業で弱点を見つけ、今までの実績を生かしたトライ式学習法を行っており、無料の自習室やeラーニングで学習を24時間サポートしています。

塾選びに悩んだ時は、無料体験を実施しているところもありますので問い合わせてみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ