クラーク博士で有名な北海道の塾紹介

北海道では、現在の北海道大学である札幌農学校の初代教頭クラーク博士の言葉「少年よ、大志を抱け」の精神が道民の教育に今でも根強く残っています。
その教育精神を受け継ぎながら、独自の理念を持って展開している塾を紹介しましょう。
塾生の3人に2人が難関上位校への進学を実現させているという実績を誇るニスコグループは、札幌市内をはじめ道内の各地域に進学スクールや学習塾を展開しています。

このグループの最大の強みは、スーパーレクチャーと呼ばれている高密度・高効果の授業システムです。
それに加え、オリジナル教材を使用しての講義が、更なる知識や学力の向上に貢献しています。

また、独自の入試分析と的確な試験対策、学期ごとに行われる保護者面談のほか自習ブースも設けられており、体制や設備が充実しています。

もう一つは北海道松陰塾で、毎日の学習の場を提供することで、幕末の有名な教育者である吉田松陰の教育理念を受け継ぎ、自立学習の習慣を身に付けることを目的とし開校されました。

アウトプット学習の指導に力を入れており、個人個人に合わせた段階を設定し成果を上げていきます。
パソコンとノート学習を併用し、徹底した自立学習の指導が特徴です。

週1回コースや週2回コースが用意されていて、通い放題コースは何度通っても完全定額制で、低料金に設定されているところが魅力となっています。
自立学習を身に付けさせたいご家庭にはお勧めです。

塾それぞれにカラーがありますので、自分に合う場所を選び学力向上に役立てましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ