塾のチラシの作り方について

近年、子供を持つ家庭が減りつつあることから、1人の子供にかける教育費が増加傾向にあります。
学習塾をはじめ、様々な塾が増加している為、生徒を獲得する競争率も高くなり、新聞広告をはじめ至る所で趣向を凝らしたチラシを見かけます。
そこで、どんなチラシがより注目されやすく興味を引くのか見ていきましょう。
まずはチラシの配布時期です。

新学期は4月から始まりますので、3月までに準備しておくことは言うまでもありません。
そして他所との差別化も重要で、独自のウリと特徴を分かりやすく伝えることがポイントになります。

授業内容や講師の質、個別式なのか授業形式なのか、更には実績といった特色に力を入れましょう。
さらには、配色やデザイン、そして配る曜日です。

今やカラーのチラシは当たり前として作成されていますので、デザインで目を引くことはひとつのポイントになりますし、週末の金曜日に届くように発送すると効果的だと言えます。

その理由は、週末は家族で団欒する機会が増える為、親子で話す機会が多くなるからです。
その他にも、集客のターゲットを生徒にするのか保護者にするのかを明確にすることで、広告の内容も変わりますしポイントも絞りやすくなっていきます。

授業料を出すのは保護者であることから、まずは、保護者に興味を持ってもらうことが重要です。
その他、体験入塾の企画やイベントの開催などを盛り込んでみても良いでしょう。

どのように差別化を図り、分かりやすくアピールするかが生徒獲得の鍵になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ