時代に合わせ展開していく塾業界

学力の向上や有名学校に入学する為に学習塾に通う子供は沢山いますが、インターネットの普及や少子化に伴い、塾業界も多様な変化を遂げています。
時代のニーズに合わせ、新しい戦略や市場の開拓を展開するいくつかの学習塾を紹介します。
まず「市進ホールディングス」は、対象年齢を幼児から社会人まで拡大し、高齢者向けサービス事業も積極的に推進しています。

また、個別指導やWeb授業など教育の多角化を図り、勉強だけでなく生徒と教師の心の触れ合いも大切にしています。

次に、自治体と連携を取り教員向けの研修の実施や教育プログラムを提供する学習塾がありますが、その一つに挙げられるのが「早稲田アカデミー」です。

ここは、首都圏を中心に小学生から高校生向けの学習塾を直営展開しており、指導形態は集団指導と個別指導に分かれていて、難関校の合格率の高さを維持し、生徒数も増え業績も伸びました。

さらには、保育や介護サービスの分野に参入する所もあり、「日本公文教育研究会」は学習療法センターを設立し、介護施設などで認知症の改善や進行予防を行っています。

また、1970年代に海外市場の開拓に乗り出し、現在までに40以上の国と地域で教室を開いており、アジア圏では現地の講師を積極的に雇用して地域との交流も怠りません。

その他にも、タブレット端末を利用した教育サービスアプリケーションが注目されており、「リクルート」提供の「受験サプリ」も人気を博しています。
この様に現在の塾業界は、様々な方面から教育サービスが展開されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ