発達障害と塾の重要性について

発達障害とは、言語能力・運動能力・社会性などに発症する障害のことを指します。
一言で障害と言っても様々な症例が報告されているのが現状で、その多くは、対人関係やコミュニケーションに支障をきたす症状が多く、現在でも社会的な認知度の低さが災いし、不当な評価の低下が揶揄されています。
この障害は低年齢期に発症するものであるとされていましたが、近年では大人の発達障害が問題視されるようになり、多少理解度が高まっているように思われます。

広汎性発達障害と注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)の大きく3つに分けられ、広汎性は、自閉症とアスベルガー症候群に分けられます。

近年では、障害を持つ子供達に対する教育の重要性が説かれ始め、早期介入をすることで脳の発達を促したり、分かりやすい環境が整えられるといった効果が生まれると言われていることから、サポートを目的とした塾も多く存在し、障害児の指導や支援にあたっています。

内容は、一人一人の特性を活かして最適なプランを用意してくれるなど、障害児教育に悩みがちな御両親の様々な不安や悩みに対応しています。

のびのびと楽しみながら成長出来る最適な環境作りに力を入れており、多種類のイベントや講義なども企画され、学校や地域と連携して、障害に対する理解者を増やす努力も行っています。

同じ障害を持つ子供達はもちろん親御さんにも、このような塾の存在は障害児教育において非常に重要だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:

このページの先頭へ