通訳案内士は外国人観光客に対するガイドの国家資格です。

通訳にかかる国家資格は、観光庁長官が実施する通訳案内士試験があります。
この試験に合格して、都道府県知事に登録した者のみが外国人観光客に外国語での観光案内を行って報酬を得られます。
違反すると法に基づき罰則が科せられ、無資格者は報酬を得て外国人観光客に対する観光案内はできません。

ただし、ボランティアなどの無償による観光案内やガイドの仕事は違法にはなりません。
試験の受験資格は、年齢、性別、学歴、国籍などに関係なく受験が可能で、外国人の資格保有者もいます。

資格試験は外国語についての筆記試験、日本語による筆記試験、口述試験が行われ、外国語は英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語のいずれか一か国語を選択し、中国語については簡体字と繁体字の選択が可能です。

日本語による試験は我が国の地理、歴史、政治、経済、産業、文化などに関する一般常識について行われます。
口述試験は外国語で選択した言語による面接になります。

単に外国語の能力だけではなく、我が国の社会や文化について観光ガイドとして必須となる知識のレベルやガイドとしての適性を判断する人物試験も兼ねています。

通訳案内士の担う業務は、単に外国人観光客に対して観光案内を行うだけではなく、我が国をその方々に紹介するという重要な役割も担っています。
日本に対して良い印象を持って帰国していただくことは、国際親善を深める意味からも重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ