医療事務には国家資格を必要とする検定試験が存在します。

最近では進学や就職、転職を有利に進めるために資格を取得する人が増えてきました。
そのなかでもフル勤務として業務をこなす正社員と、子供が家にいない時だけ仕事をするといったパートのように勤務形態を家庭の都合に合わせて選べるので、女性を中心に医療事務の資格を取得する人が多くなっています。

医療事務は病院の窓口で患者さんの初診、再診の受付をおこなったり、カルテの管理、その日行った治療や投薬内容を点数に直し診療報酬請求書の作成、患者への診療費の請求が業務内容です。

また、期間内に保険機関へ診療報酬請求書を作成し提出しなければなりません。
そのため、専門の知識が必要となります。

資格がなければ仕事ができないということはありませんが、業務上専門的な知識を必要とするため資格や経験はあったほうが良いでしょう。
医療事務には国家資格はないのですが、必要な知識などの専門知識を必要とするため、検定試験を受け資格を取得していたほうが再就職、就職をするうえで有利です。

大きく7つの検定試験が存在します。
その中でも厚生労働省認可の唯一の国家資格として、診療報酬請求事務能力検定があげられます。

診療報酬請求書作成は基本的な業務ともいえるため、資格試験のなかでも就職のなかでも必要不可欠な検定試験です。
学科試験、実務試験が行われ、毎年の合格率は30%前後のため、難しい試験となっています。
しかし、医療は不景気に関係なく仕事があり、業務内容が全国共通といった点で人気があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ