ジャンルの多い国家資格の種類

民間で行われている資格や、地方公共団体が主催する資格、そして国家資格など、現代では資格の種類が数多く存在し、その数は1000を超えているとされています。
その中でも特に就職などに有利とされているものに国家資格が挙げられます。

国家資格とは国が実施する試験を受け、合格することによって得られる資格のことを指します。
数多い国家資格の種類をジャンルごとに分類してみると、まずは公務員系が挙げられます。

公務員系の資格では、国家公務員の資格を筆頭に、警察官、消防官、自衛官、幼稚園から高校などの教師、刑務官、裁判所事務官、国会図書館職員など実に様々なものが存在しています。

他に人気な国家資格では、看護師、准看護師、薬剤師、保健師、救急救命士、作業療法士、理学療法士、社会福祉士、介護福祉士といった医療に関するものがあり、就職の際にもかなり有効な資格となっています。

同じように特殊な技術を必要とする資格では、電気工事士、測量士、建築設備士、消防設備士、ボイラー技士、液化石油ガス設備士など建築や設備に欠かせない技術職に必要なものがあります。

乗り物に関する資格では、自動車整備士、自動車検査員、航空機関士、航空整備士などが活躍しています。
食品に関するものでは、栄養士、管理栄養士、食品衛生責任者などが主な資格です。

また、独立開業などに有利とされている資格では、行政書士、公認会計士、司法書士、税理士、調理師、美容師、理容師などがあります。
国家資格の種類はかなり多いので、自身の将来を見据えて、取得を目指すことが望ましいことです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ