国家資格ではないけど大きな役割を果たすカウンセラー

現在の所、カウンセラーの資格は日本では日本心理士資格認定協会による認定の位置づけとなっています。
ではこれは、カウンセラーはそんなに重要ではない、必要ではないという意味なのでしょうか。
決してそうではありません。
確かに、国家資格としては認められてはいませんが、免許性の確立を望む声はたくさんあります。

それだけ需要があり、必要とされています。
しかし、今の段階では、国家資格として認定されていないのが現状で、一番大きな原因として考えられるのは、保健医療分野において心理業務と医療行為の関係性の問題が挙げられます。

保健医療分野におけるカウンセラーの役割は、臨床心理業務の一部は医療行為とされています。
けれども、医療法においては医師として認められていないのです。

悲しいかな、国家資格として認めると法律とぶつかってしまうというわけです。
それで認定という形がとられていますが、必ず近い将来、国が認める資格へと変化すると言えます。

なぜなら今、これほど大きな必要のある仕事はありません。
多くの人が毎日の生活の中で精神的な支えを必要としています。

その精神的な病みは直接病気と関係してきます。
それを理解している人たちは、心理士資格認定協会による認定を目指し一生懸命勉強しているのです。

学校、職場、病院において今は確実に必要な職種となっています。
これから確実に需要が増える仕事であるといえるので、事前にこの認定を取っておくのは賢明です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ