介護福祉士国家資格は介護のプロである

介護福祉士国家資格は昭和62年に制定された社会福祉士及び介護福祉士法によって位置づけられた社会福祉や介護福祉に携わるものであります。
介護福祉士は専門的な知識や技術をもって身体的に、精神的に障害を有する方に対して、状況に応じた介護を行い、介護者に対しては指導を行う者とされています。

介護福祉士が主に活躍する場所としては、特別養護老人ホームなどの入所施設や高齢者が通所するデイサービスセンター、自宅での生活をサポートする訪問介護、障害者に対してのケアを行う障害者福祉センターなど多岐に渡ります。

主に高齢者を対象としたケアを行います。
介護福祉士には介護技術は勿論のこと、介護職員に対しての指導を行う立場にもあります。

介護の専門家として介護職員を育てることや介護の携わっている家族に対しての技術指導や精神的なケアを行うことも求められています。
介護保険制度が創設された平成12年には介護の需要が一気に高まり、多くの介護福祉士が排出されてます。

また、介護福祉士を養成する専門学校や短期大学、福祉大学などが相次いで開講されています。

介護の資格としてはホームヘルパーの2級などがありますが、介護福祉士よりも短時間で簡単に資格取得ができる、介護の資格の中では最も簡単に取得できるものであります。

将来的には介護福祉士への一本化が予定されています。
課題としては国家資格でありながら他の職種と比較すると給与面などの待遇の低さを解消することが挙げられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ