マッサージに関する国家資格における基本について

いわゆるマッサージを行う業務に関する国家資格には、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師が該当するとされています。
この資格は針やあん摩などの鍼灸技術師としての技能を認定する資格とされており、この国家資格を取得した人はすなわち、おす・揉む・たたくなどの行為によって疲労回復その他の治療効果を目的にした行為を行うことを、医師以外で認められる唯一の存在です。

したがってこれらの行為によって治療を行う人は、民間資格である整体師などが資格を持たなくても開業自体なら、医療効果を掲げずに禁止事項を守った上でのサービスとして行う、というケースがあり得るのに対して、資格を持たずに開業や治療を行うことは違法行為として厳正に処罰される規定になっていると定義されています。

こうしたマッサージ指圧師の取得を目指す場合、まずは文部科学大臣または厚生労働大臣が認定した学校や養成施設での課程修了が必要となっています。

これらの機関へ入学する条件には、学校教育法に沿った大学入学と同等の能力を満たす者であることが必要となり、そして入学試験をクリアすると、機関での3年間以上の修学を行うことになります。

その間、人体や施術あるいは法規などに関する基礎医学や、鍼灸技術や東洋医学に関する概論などの専門学、東西医学に関する理論などの課程を修了することが必要です。

そして課程を修了すると機関卒業、同時に国家試験の受験資格が得られます。
その試験をクリアすれば、免許証の交付申請と取得、厚生労働大臣による登録を経て、開業や院内勤務が可能となる流れになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ