整体師になりたい場合、国家資格は必要ありませんが、正しく施術を行える技術や知識が必要になります

整体師になりたい場合、国家資格は必要ありません。
また、民間資格はありますがたとえ民間資格がなくとも就職出来る職業です。
つまり、どこかの講習会や学校で技術を学ぶことでなれる職業なのです。
それでは、国家資格を持っていないから違法なのか、信用できないのかというとそうではありません。

資格の有無は技術に関係ないからで、藪医者という言葉があるように、資格を持っていたとしても治療できるだけの技術や知識があるとは限らないのと同様に、資格を持っていないからといって技術や知識がないとは限らないのからです。

大切な事は資格の有無ではなく、体のゆがみを矯正できる技術と理論をどこで学ぶかです。
この為には当たり前のことですが、きちんとした技術や知識を教えてくれるスクールや講習会で学ぶ必要があります。

なぜならば、医院のお客さんは体のゆがみを矯正して不調を改善したいためにやってくるのであり、技術や知識がなければゆがみを矯正することができないからです。

この為、お客さんの体のゆがみを矯正し不調を改善させるために常に技術の向上と知識を得ることが整体師に求められていますし、そのような先生こそ腕の良い先生になることができるのです。

お客さんの体の歪みを矯正できないと、一度は来院があったとしても二度は有りませんし、そのことによって評判にも関わってきます。
つまり、整体師とは、正しく施術を行える技術や知識さえ身につけていれば国家資格や民間資格にこだわる必要はないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ