整体師の場合、国家資格と呼ばれるものは存在せず、民間資格を取得できる制度を取り入れています

体の凝りや歪みを治す施術としてよく挙げられるのは、整体・マッサージ・鍼灸・カイロプラクティックなどです。
これらの施術はストレスなどで体に不調を抱える現代人にとっては非常に役に立つものであり、その技術に魅せられてプロを志す人も数多くいます。

どの施術においても凝りの解消や歪みの矯正など最終的な治療目的に大きな差はありませんが、施術の種類によって取得する義務のある資格、義務付けられていない資格があるため、その道を目指す場合にはきちんと把握しておく必要があります。

整体師の場合は国家資格と呼ばれるものは存在しません。
つまり、極論を言えば何の資格を所持していなくてもプロとして働いたり、個人で開業することもできるわけなのです。

しかし当然ながら、整体師として活躍するにはしっかりとした基礎知識や実技を学んでいなくてはなりません。
また、整体の技術を指導している専門学校では国家資格の代わりに民間資格を取得できる制度を取り入れていますので、この資格を所持していることで整体の基礎や実技を一通り学んだ証になると言えます。

ただし、民間資格を所持しているだけでは開業時に治療院やクリニックという名称を使用することはできません。
整体を利用するだけで医療効果があるかのように宣伝することも禁じられていますので、民間資格に許されていない点はしっかり確認するよう心がけましょう。

また、似たようなイメージの強いマッサージ師には国家資格が制定されているため、両方の資格を所持することでさらに活躍の場を広げることもできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ