おすすめの国家資格として、需要が常にある保育士があげられます

取得が比較的容易で、実際に使えるおすすめの国家資格は、保育士の資格がひとつとしてあげられます。
保育士は、大学や短大、通信制大学や専門学校など養成学校を必要な単位を取得して卒業するか、年に一度の資格試験に合格することで資格を得ることができます。

各地にある保育園や託児所などの求人では、保育士の資格を必須としている場合が多いので、資格があれば仕事選びの幅が広がります。
保育園はあちこちにあるので、通いやすい場所で仕事が見つかる可能性も高いです。

少子化ではありますが、保育園の需要は常にあります。
仕事を持つ母親が増え、待機児童問題もなかなかなくなりません。

保育園さえ空いていれば子どもを預けて働きたいという母親も大勢います。
また、年に一度の試験に受かれば資格が取得できるので、学費がかからないために、主婦や学生など多くの人が試験に挑戦しています。

一回で合格する人は一割程度と言われていますが、筆記試験で合格した科目は三年間有効となるので、数年間かけて合格を目指す人もとてもたくさんいます。

筆記試験合格後は実技試験もありますが、実技試験の合格率は筆記試験に比べるととても高く、八割から九割と言われています。
しっかりと試験対策をすれば、比較的お金をかけずに取れる資格と言えます。

ただ受験には大学卒業などの条件が必要なので、受験資格を確認をしてから受験を決めましょう。
合格にむけて、通信講座や市販のテキスト、インターネットの情報などを上手に使って試験対策を効率的に行うことが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ