高卒で取得できる国家資格として行政書士があり、役所に提出する申請書類の作成などの業務を行います

高卒でもとれる国家資格には色々ありますが、代表とされるものは行政書士です。
行政書士とは、他人の依頼を受けて、役所に提出する許認可等の申請書類の作成、提出手続きの代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行う仕事です。

行政書士と聞いてしまうと、堅苦しいイメージがありますが、街の法律家ともいわれるくらい、国民に対しての手助けをするという職業ともいえます。

自分で出来るという方もいますが、忙しくて中々役所等に出向いたり、書類を作成する事が出来ない方はこの行政書士に依頼する方もいます。

行政書士になる為には試験を受けて合格しなければいけないのですが、この試験は高卒であれば誰でも受験する事ができます。

他の職業は定められた所定の学校等を卒業しなければ受験資格を取得できない場合もありますので、それに比べると比較的取得しやすい資格です。

資格取得後は、行政書士事務所や法律事務所などに就職する方が多いです。
収入としては事務所ごとに異なりますが、一般のサラリーマンと変わらないぐらの収入が得られます。
もっと収入を増やしたい方は自分で独立をして事務所をたちあげることです。

行政書士の場合は、大きな事務所は必要なく、自宅でパソコンや事務用品があれば開業できるので立ち上げにはお金はさほどかかりません。

年収1000万円以上の方もいれば、本業ではなく副業として行っている方もいて働き方は様々なので、資格を活かす場合は自分のライフスタイルに合った働き方ができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ