注目されるあん摩マッサージ師国家資格

国家資格を必要とするあん摩マッサージとは手や器具など使ってマッサージを施すことによって、体のこりをほぐしたり、疾病を予防したり治療したりすることです。
あん摩マッサージ師国家資格を取得すると、自分で開業することができる権限を得ることができます。

あん摩マッサージ師になるためには、文部科学大臣か厚生労働大臣が認可する専門学校で3年、大学であれば4年、盲学校であれば3年から6年間学習してはじめて試験を受験する資格を得られます。
そして年に一回実施される国家試験に合格する必要があります。

統計によると、あん摩マッサージ師国家資格の合格率は、毎年80%以上の高い合格率を誇っているので、きちんと養成所や大学などで勉強すればそれほど難易度の高い試験ではありません。
一度国家資格を取得すれば、自分で開業することができるのも魅力です。

あん摩マッサージ師は歯科医院や病院などと比較すると、看護師や衛生技師などの協力を必要としないので、資格さえ取得してしまえば自分一人だけであっても医院を開業することができます。

不況に悩まされる世の中ですから、手に職をつけて自分で医院を開業したり、整骨院や病院などのリハビリ施設などで就職することができるので魅力的な資格といえます。

最近では駅近くで開業し、仕事帰りの人たちに焦点をあてた短時間のクイックマッサージや契約したホテルや旅館などに出張してサービスを行う訪問出張マッサージなどの新しいスタイルのニーズも上がっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ