ITの知識に関する新しい国家資格がある

情報技術というITは今目覚ましいスピードで発達しています。
そのITを正しく理解した上で活用をしているか、安全に利用する知識を持っているかということを狙いとした資格があります。
これは比較的新しい国家資格です。

ITを正しく運用できる人材というものの育成を目指しているもので、国家資格の中では比較的難易度も低いと言われている資格で、この資格は実際にIT関連の仕事をしている人が持っておくと有利というのはもちろんのこと、これから社会に出て働くという学生が知識の証明ともなりものといえます。

またこの分野に弱いと思われがちな女性や文系出身の人も、もっていると就職などに有利に働く資格です。
試験は原則毎日実施されています。

また前日までの申し込みも可能で当日には合否がわかります。
資格取得に向けて勉強をして自信がもてた時点ですぐに受験することができるのもこの資格の取りやすいところといえるでしょう。

試験形式は4つの中から1つの正解を選ぶ形式で、試験科目は3つの分野に分かれていて、技術の他マネジメント能力の科目もあります。
合格基準は総合得点をある一定以上とるか、各分野別の得点がそれぞれ3割以上で合格となります。

この国家資格をとればさらに上の難しい資格取得への足掛かりにもなりうるものです。
ある通信講座の会社もこの資格取得のための講座が新しく開講されました。

時代の流れに合わせてこれから取る人が増えていく資格といえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ