国家資格になる宅建の知識を活かすことができる他の資格

宅建は宅地建物取引主任者の略称で国家資格になり、宅建は主に不動産関連に従事している者に必要な資格になります。
この資格は主に不動産売買時に重要説明事項の説明をする際に必ず提示しなければなりません。

宅地建物取引主任者の資格試験を受ける際に知識として学んだことは、他の資格試験に活かされることがあり、それはマンション管理士や不動産鑑定士の資格です。

また反対のことも言えます。
マンション管理士や不動産鑑定士の資格を受けた場合、その知識が宅地建物取引主任者の試験に活かされることもあり、マンション管理士の場合、特に重複している内容がマンションの管理組合やマンションの建て替えや建築基準法といった細かい内容になります。

不動産鑑定士の場合は、宅地建物取引主任者で主に出題される民法や業法の内容全般が活かされます。
そのため、どちらかの資格の知識があると重複した内容が試験に活かされることになり、勉強も楽になる可能性もあるでしょう。

また宅地建物取引主任者と同時にマンション管理士や不動産鑑定士の資格試験を同時に受けることもできます。
ただし、宅建の場合は試験を受けて合格しただけでは免許はもらえません。
一定の講習を受けてはじめて免許がもらえます。

その後、5年毎に講習を受けて免許を更新することになり、またマンション管理士も試験を受けて合格して登録する必要があり、そして不動産鑑定士は3次試験まであります。

宅地建物取引主任者は国家資格になり、この資格は他の不動産関係の資格にも活かされる場合が多いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ