いわゆる使える国家資格と言えるものとして調理師があります

資格というのは、就職や転職では絶対的に有利と言われていますが、現在日本には、国家資格だけでも1000種類以上、全体的にみれば資格や検定はそれ以上の数が存在します。
その中でもやはり効果が確実と言えるのは国家資格です。

国家資格は、資格の中でも価値が高く、民間の資格や公的資格よりも上になり、就職や転職先の企業からは、確実にプラスポイントの評価を得ることができます。

とはいっても、数多くある国家資格の中からどの資格を選択すれば良いのか分からない、資格選びで悩んでしまう人も多いです。

やりたいことがハッキリしている場合は、自分のやりたいこと進みたい分野を最優先するのがベストですが、国家資格もまちまちで高・中・低の難易度があるので、レベルを考えてチャレンジしなくてはいけません。

合格しやすく世の中のニーズが高い、いわゆる使える国家資格と言えば調理師です。
美味しい料理を作ることができるのは勿論ですが、食材に関する基礎知識や、栄養のバランス・食文化なども学ぶことができるので、一定の総合力がある資格といえます。

飲食店で必需の食品衛生責任者は申請だけで手に入れることが可能で、フード業界で働くことを考えている人には非常におすすめです。
もう一つは介護福祉士です。

高齢化が増加し専門福祉のニーズは高まっていますが、介護福祉士の人材はまだ追いついていないのが現状です。
人材不足の今こそ、必要とされている重要な資格といえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ