国家資格試験の難易度と有用性について

国家資格とは、法律によって定められた国家資格試験に合格したものに対して、ある業務や行為を許可する制度です。
国家資格を取得した人は、その行為についての技能や知識を一定水準持ち合わせていることを国から保証されます。
医師の資格や弁護士の資格などが有名ですが、それ以外にも種々様々な資格があり、それぞれを管轄する各省庁によって国家資格試験が実施されます。

資格制度には、国家資格の他に公的資格や民間資格がありますが、国家資格が法律に基づいているのに対して、これらの資格は法律とは無関係に、公益法人や民間団体が実施しているものです。

現在、日本にある資格は3000種類にも上ると言われ、その内の約1200種類程度が国家資格になります。

国家資格は、法律に基づいて国という最高機関によって実施されるものですので、一般的に、公的資格や民間資格よりも取得のための条件が厳しく、国家資格試験の難易度も高いとされています。

特に国家資格試験の中でも、最高難易度のひとつである司法試験は、例年、合格率が数パーセントと非常に狭き門とされています。
また、試験の難易度はそれほど高くなくても、需要が高い看護師や介護福祉士といった資格も国家資格にはあります。

国家資格は、取得難易度が高い代わりに、資格を取得して資格保持者になれば、就職において効果的なアピールポイントになります。
何か資格を取りたいという方は、国家資格を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ