国家資格で英語に関するものは何がある?

「英語を生かした仕事をしたい」と考える人は多いもの。
そして、そのために英語に関する資格取得を考える人もたくさん居るのではないでしょうか。
いくつかある資格の中で、国家資格に焦点をあててみました。

語学を生かした国家資格には、通訳案内士(通訳ガイド)があり、これは国土交通省が認定する国家資格です。
英語の他にドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、韓国語、中国語、タイ語、ロシア語があります。

この資格があると、日本を訪れる外国人に対し外国語を用いて観光案内をする仕事ができます。
通訳案内士の資格がないと、ボランティアで外国人の観光案内をすることはできても、報酬を得る通訳案内の仕事はできません。

それは、通訳案内士法という法律があるためです。
また、通訳案内士には語学力はもちろんのこと、日本に関する様々な教養と知識が求められます。

日本の歴史や地理、産業や文化、経済など幅広い知識が必要になります。
日本を訪れる外国人に外国語で日本を紹介し、日本という国をよりよく知ってもらうことが目的なのです。

茶道を体験してもらう場合には、茶道の知識も必要でしょうし、神社仏閣を案内する場合には、歴史的背景などの知識も持たなければなりません。
時として「民間外交官」とも呼ばれる、やりがいのある通訳案内士になるには、年に1回行われる通訳案内士試験に合格する必要があります。

語学が好きで人を楽しませることに喜びを感じる人には、うってつけの資格ではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ