現代を反映しているといわれている国家資格ランキング

今の世の中、自分の実力でいかに良いといわれている仕事に就くか。
それを決めるのが資格だといわれています。
では実際に活用度が高く将来的に有利になるものとはどういったものがあるのでしょうか。
ネットでピックアップされている国家資格ランキング第1位になっているのは行政書士です。

法律系の資格で独立開業するには最も必要とされていて、仕事内容も他に比べると自由度が高いというところも若い人達から絶大的な人気がある点になっているようです。
第2位にあげられているのは、宅地建物取引主任者です。

毎年の受験者数が20万人以上と非常にポピュラーな資格であって、不動産・建築業を職業にしている方やこれから目指そうとしている方には必須の資格となります。
それ以外の業種でもビジネス上の法律知識を活かすのに役立つともいわれています。

第3位は、社会保険労務士になります。
超高齢化社会といわれる今の時代、年金問題がとても注目されています。

長い目でみても必ずこの先もっと必要とされるはずなので国家資格ランキングでも今より更に上位になる日もそう遠いことではないでしょう。

第4位以降の資格でも共通していえることは、実用性・堅実性ということで、どれも難関だといわれるものばかりです。
簿記・ファイナンシャルプランナーなどは、結婚した何年か後に再就職する為に取得する女性が多いのも特徴といえます。

これらはどれも現代を象徴していると感じられるかもしれませんが、将来性がある資格が上位にくるという点は、これからも変わりはないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ