高齢化が進む日本社会でますます重要な役割をもつFPの国家資格

FPすなわちファイナンシャルプランナーとは、顧客が収入や家族環境に基づいて描くライフプランに沿って資金計画を立てる際、アドバイスをする専門家です。
そのため、法律や税金、保険、資産運用など広範囲の知識が必要とされます。

身近なところでは、節約のために家計を見直すお手伝いや、近年複雑化して分かりにくくなっている保険の見直しのお手伝いをするのが仕事と表現すると分かりやすいでしょうか。

FPには検定試験があり、合格すると資格を得ることができます。

資格には、厚生労働省が行う国家検定に合格して得られる国家資格と、民間の日本FP協会認定の資格があり、国家資格は、「ファイナンシャル・プランニング技能士」といい、国家検定には1級から3級までの3つの等級があって、それぞれに学科試験と実技試験があります。

現代の日本は高齢化社会となり、男性女性を問わず退職してからの期間が長くなったので、漫然とお金を使っていては老後が不安です。
普通、一生懸命働いて得たお金は有効に使いたいものです。

その為、不慮の事故や病気になったときに備えたり、大切に思うライフイベントを楽しんだりできるような資金計画は重要です。
けれども個人で持つ知識には限りがありますし、調べる時間がない場合も多いでしょう。

そんなときに頼りにされるのがファイナンシャルプランナーです。
これからの日本社会でますます重要な役割をもつこの資格をとって、キャリア形成の第一歩にしてみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ