就職や転職に有利な国家資格とは

公認会計士や税理士、行政書士などは比較的難易度が高く、その分社会的評価も高いです。
また、国の法律に基づいて個人の専門的な知識や能力が求められます。
これらに対する試験に合格すると、国家資格というものが取得でき、国家資格を取るためには、国家試験に合格するか、もしくは国の許可を受けた養成施設で認定要件を満たすことで取得が可能です。

看護師や助産師、歯科衛生士など、有資格者以外は業務を行うことができないものもあります。
また、保育士や理学療法士、衛生士は、有資格者以外はその名称を名乗ることができません。

このように、国家資格とは、法律に基づいて国が実施する試験に、個人の知識や技能が一定の段階に達したことにより、その行為を許可するものであります。

就職や転職、また独立開業する際には、自分の才能やスキルが求められることでしょう。
その際、やはり国家資格を取得しているということはかなり有利になるはずです。

特に、女性に人気のある看護師は、高齢化の進む現代社会の中では非常にニーズの高い資格になります。
就職先も、医療機関や訪問看護ステーションなど幅広くあることでしょう。

結婚や出産後でも復帰しやすい職業でもあり、景気に左右されることもありません。
また、正社員やパートなど、勤務時間も比較的選ぶことができ、給料も高いという魅力もあります。

また、司法書士や不動産鑑定士、公認会計士は日本の三大国家試験とさえいわれており、これら難しい国家試験を取得するほど仕事上のメリットは大きくなるといえます。

どんな業種であろうとも、その道で成功させるには国家資格を取得した上で、プロとしての努力を積み重ねることが大切になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ