1つは持っておきたいIT分野における国家資格の一覧

今では、ITにも沢山の資格が存在します。
国家資格、民間資格、ベンダー資格のカテゴリーに分けると、一番多いのは民間資格ですが、やはり一つは持っていたいのが国家資格ではないでしょうか。
国家資格の一覧から、ざっと紹介させていただきます。
まずはITパスポートです。

情報技術に関する基本的な知識をもち、情報技術に携わる業務に就く人を対象にしており、この業界で生きるための最初のステップと言われています。
試験内容は択一式で、100問を165分で解きますが、難易度としてはそれほど高くはないと言われています。

次に、基本情報処理技術者があります。
情報技術全般に基本的知識や技能をもち、実践的活用能力を身につけた者を対象としており、つまりはプログラムの設計書の作成やプログラム開発などが出来る者ということです。

試験内容は択一式ですが、難易度は難関の部類に入ります。
また、同じく難関の部類に入るものとしては、応用情報技術者もあります。

ITストラテジストは、企業の経営戦略に基づき、企業活動での特定のプロセスに情報技術を活用し、改革や高度化する為の基本戦略を策定、提案する者や、組込みシステムの企画や開発を統括する者を対象としており、難易度としては一番高いと言われています。

試験内容は、択一式と記述式の両方が行われています。
システムアーキテクトやプロジェクトマネージャー、ネットワークスペシャリストについても、同様に難易度はトップレベルです。

また、級によってレベルがかなり違っているものもあり、ウェブデザイン技能検定では、1級だと難関と言われていますが、3級だとやさしい部類に入るようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ