合格率の低い超難関国家資格は稼げます。

資格というと数えきれないくらいにたくさんありますが、就職や転職する際などに圧倒的に有利になるのは、国家資格です。
法律に基づいて、国や国から委託を受けた機関が実施する資格なので、国家資格を持っているということは、知識や技術が客観的な水準として設けた場合に一定上達していることになり、それを国によって認定された事になります。

その種類はとても多く、合格率は5パーセント程度の超難関の試験から90パーセント以上が合格という比較的簡単なものまでさまざまです。
一般的に合格率が10パーセント以下などの難しい資格は、資格別平均年収ランキングにおいても上位に来ることが多いようです。

特に超難関の資格は稼げる資格であり、儲かる資格であることが多く、そのような資格取得者は、社会や企業が求める人材だからでもあります。
合格率が低いものとして挙げられるのが、医師、歯科医師、薬剤師、獣医師、司法書士、弁護士、社労士、行政書士、公認会計士、税理士などです。

いわずもがなの司法試験においては、最高峰の資格試験となっており、弁護士の平均年収は約1000万円だそうです。

逆に、合格率の高い資格は、保健師、看護師、栄養士、食品衛生管理者、視能訓練士などで、約90パーセント以上の人が合格という資格は他にもたくさんあります。

しかし、簡単に合格できるわけではなく、専門の学校へ行って単位を取得し、実務経験が必要だったり、実習を受けたりして、初めて受験資格が得られるものもあります。

その結果合格しやすいという資格もありますので、一概に合格率だけでは測れません。
資格で年収を確保したい方は、自身の興味と向き不向きを考慮しつつ、良く調べてから資格取得に挑戦しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ