養成学校での学習は国家資格取得の最短ルート

現在は、国家資格がなければ就けない職業も多いため、取得を目指す人が増えてきています。
国家資格を得るためには、勉強をして試験を受けるという流れが一般的です。
しかし、最近は専門学校もあり、学習を終了するだけで資格が取得できたり、受験に必要な実務経験が免除されたりします。

そのため、多くの人が資格取得の近道として入学を希望しているようです。
では、これらの学校には、どのような職種があるのでしょうか。

例えば、昨今多くの人材が求められている介護福祉士があり、厚生労働省が指定した養成施設の課程を終了するか、国家試験に合格しなければなりません。

ただし、受験をするためには、ホームヘルパーなどの介護職を3年以上経験していることが必要です。
中には独学で合格を目指す人がいるようですが、とても難しいと言われています。
学習期間はさまざまで、3カ月から~2年くらいが目安です。

卒業後は、特別養護老人ホームや老人保健施設、身体障害者施設など活躍の場は幅広く、高齢化社会である日本には欠かせない仕事の1つだと言えるでしょう。

他には、おいしい料理を作るプロである調理師で、厚生労働大臣指定の養成施設の課程を終了するか、国家試験に合格しなければなりません。
個人で国家試験を受けるには2年以上の調理業務経験が必要なため、前者を選択する人が多いようです。

学習期間は1年くらいで、卒業後は、病院や学校、ホテルなど、食を提供する場ならどこでも活躍できる点が魅力となっています。
しかも、経験を積んで腕に自信がつけば、自分のお店を持つことも可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ