国家資格が多くあるパソコン関連の資格

パソコン関連の資格には、大きく分けて民間資格と国家資格があります。
民間資格は、市場において大きなシェアを獲得しているアプリケーションをリリースしている会社が実施している事が多く、ワープロ、表計算、CAD、DTPなどのソフトの資格があります。

対して、国家資格はある特定のアプリケーションやオペレーティングシステムをターゲットにするのではなく、広範で基本的な知識を必要とする資格が多いです。

基本的なものから挙げると、初級システムアドミニストレータ試験の後継として考えられ、情報技術のもっとも基本的な資格のITパスポート試験や、プログラミングに関する知識も必要とされ、少しレベルがあがる基本情報技術者試験、より高度なIT人材を対象とし、ソフトウェア開発技術者試験の後継となる応用情報技術者試験、システムアナリスト試験と上級システムアドミニストレータ試験の二つを統合したITストラテジスト試験、システムエンジニアを対象としたシステムアーキテクト試験、システム開発の責任者を対象とし、経験を積んでいることを必要とされるプロジェクトマネージャ試験、ネットワークの管理、設計の知識を必要とするネットワークスペシャリスト試験、データベースの高度な知識を必要とするデータベーススペシャリスト試験、組み込みシステムの開発、設計、構築の知識を必要とするエンベデッドシステムスペシャリスト試験、など様々な資格があります。

難関の資格も多くあるので、自分のパソコン関連のスキルと相談しながら、本当に必要な資格を取得する事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ