人気上昇中、キャリアカウンセラーの国家資格

キャリアカウンセラーは、個人の興味を引き出し、その方の能力や価値観、その他の特性をもとに、個人にとって望ましい職業選択を援助して自らを高めていけるよう、企業と社員の間に立って人材と仕事のベストマッチングを目指すキャリア形成の専門家です。
社員一人一人の相談役となって、さまざまな情報を提供しながらキャリアップや能力開発、生活設計などに関するアドバイスを行います。

この個別相談をキャリア・コンサルティング、またはキャリア・カウンセリングといいます。

企業内の人事や教育関連部門、人材紹介や派遣会社、教育機関、行政機関、独立など、幅広い分野で必要とされ、仕事の紹介だけでなく、対話を通じて相手の成長を支援しています。

人材雇用の流動化が進んでいる現在、キャリアカウンセラーへのニーズが非常に高くなっており、安定した雇用と収入が期待できるため、厚生労働省が行うキャリア・コンサルタント能力評価試験を受けてCDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー:Career Development Adviser)という国家資格を取得したい人が増えているようです。

民間資格だったときは、実務経験が無くても受験や資格取得が可能でした。
しかし、国家資格になってからは、実務経験や能力が、受験や資格取得に問われるようになりました。

また、その人材の特性を見い出し、キャリア設計の知識、社会保険や年金制度の知識に加え、仕事(キャリア)に関する内底から出てくるような悩みに対応する必要があるため、メンタルカウンセラーとしての能力も必要ですし、マンツーマンでのカウンセリングが基本となりますので、コミュニケーション能力は必要不可欠なスキルです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ