取りやすい国家資格について

国家資格はとても多くあり、どれを取得しようか迷われる方は多いと思いますが、取りやすい国家資格は消防設備士です。
消防設備士の資格は特類から七類まであり、特類は一種のみ、一類から五類までが乙種と甲種の二種類、六類と七類に関しては乙種のみと、とても多い特徴があります。
消防設備の仕事に携わっている方ならば、勤務年数により甲種を取得することが出来ますが、そうでない方は乙種のみの取得を目指すことになりますので注意してください。

消防設備士の資格の中で取りやすく、また需要のある資格は乙種六類です。
この乙種六類の消防設備士の資格を取得すると、防火対象物における消火器の点検をすることが出来ます。

消火器はご存知の通り、火災が発生した際の初期消火の為にとても大切な設備です。
使い方はとても簡単なので、火災を確認した際には火災連絡をするとともに、消火器を使用して火が広がらないようにする作業が求められます。

消防設備士の資格の取得に関しては多くの書籍が出版社から販売されているので、それを購入して勉強するだけでいいでしょう。
難易度は国家資格の中でもとても低く設定されているので、取りやすい国家資格といわれています。

消防設備士の試験対策として一番重要なのが、法令についてです。
法令については、試験に合格する為だけでなくしっかりとした知識を身につけておくことがとても重要です。

簡単に取得することが出来るからといって疎かにしてはなりません。
取得後もしっかりとした知識を持ち続けましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ