情報処理などを取り扱うITパスポート試験は国家資格です

インターネットが普及している現代、インフォメーションテクノロジーとして、ITとは一般に情報処理を目的とする技術全般を指しています。
主にコンピューターをベースとした情報システムで、特にアプリケーションソフトウェアやコンピューターのハードウェアなどの研究、デザイン、開発、実装、サポート、あるいはマネジメントなどを取り扱い、現代社会において各種情報の収集や加工、通信やその保管、共有などに不可欠な存在であるものとされています。

従来は手動で行われていた作業もコンピューターで効率化して発展できたものや、今まではなかったサービスが、コンピューターの応用により初めて可能になったものなど、社会の発展に大きく貢献しています。

当然のように、これにはコンピューターが必要不可欠なものとされ、最も重要なものであると言えます。

コンピューターと聞けばパソコンをよく連想しますが、現代のコンピューターの範囲には、スマートフォンのような携帯電話もコンピューターとしての機能が高く、高機能携帯電話としても成長が目覚ましいものがあります。

ITでは、情報通信技術からその応用利用場面まで広く使用されており、コンピューターが身近になり、そしてインターネットの普及によって、工学的な技術から企業経営、人文、社会科学、コミュニケーションなどと、その応用範囲を広げています。

その注目度や専門知識の証明から国家資格を取得するための試験もあり、ITパスポート試験から基本情報技術者試験、応用情報技術者試験といったものから、ネットワークスペシャリスト試験といった専門的な知識を求められる資格があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ